卸売・小売業について

小売業とは、製造者または卸売業者から商品を購入し、最終消費者に販売する事業をいい、卸売業とは、製造者と小売業者の仲介役を担っている事業をいいます。
また、近年増加している訪問販売やネットショップ、通信カタログ販売など店舗をもなたずに販売を行う無店舗小売業者も含まれます。

以前の「製造者⇒卸売業者⇒小売業者⇒消費者」という商品の流通形態から、「製造者⇒小売業者⇒消費者」という流れに変更し、物流コストを抑え販売価格に反映させる小売業者も増えており、また、会社によっては、製造から販売までの全てを自社で管理運営する会社も増えています。

卸売業者を介さない小売業者については、製造した商品と消費者が近いため、商品そのものがリスクになるいることを自覚しなければなりません。
また、店舗のデザイン・仕様によっては、思わぬリスクが存在する場合もあります。

卸売・小売業に含まれる仕事・業種

  • 各種商品卸売業
    (総合商社・貿易商社)
  • 繊維・衣服等卸売業
  • 飲食料品卸売業
  • 建築材料・鉱物・金属材料等卸売業
  • 機械器具等卸売業
  • その他の卸売業
  • 各種商品小売業
  • 織物・衣服・身の回りの品小売業
  • 飲食料品小売業
  • 機械器具小売業
  • その他の小売業
  • 無店舗小売業

卸売・小売業におけるリスクと
対応する保険

業種を問わず内在するリスクと
対応する保険

表示する記事がありません。