運輸業のリスクと保険

運輸業とは、鉄道、自動車、船、飛行機等の運送手段を用い、旅客や貨物の運送を行う業種をいいます。単に輸送する以外にも、荷物の保管業務、荷役業務、流通・物流に関する情報処理業務など多様な業務があります。

従い、業務別に様々なリスクが存在します。

  • 輸送業務においては、自動車事故のリスク(自動車保険)や、貨物遅延に伴う賠償リスク(運送保険)
  • 荷物の保管・荷役業務においては、品物の破損、倉庫火災や自然災害、盗難などのリスク(火災保険)
  • システムの不具合による顧客への損害賠償リスク(賠償責任保険) など

まずは、各企業ごと、業態やシチュエーションごとにどのような種類のリスクが存在するかを把握し、適切な保険の選択が必要になります。

運輸業に含まれる仕事・業種

  • 鉄道業
  • 道路旅客運送業
  • 道路貨物運送業
  • 水運業
  • 航空運輸業
  • 倉庫業
  • 運輸に付帯するサービス業
  • 郵便業

運輸業におけるリスクと
対応する保険

業種を問わず内在するリスクと
対応する保険

表示する記事がありません。