建設業について

建設業とは主に、建設業法に規定されている建設工事の種類に含まれている工事を行う事業をいいます。
土木・建築工事の他に、内外装などのリフォーム工事や機械・器具の設置工事、道路などの舗装工事、配管工事など幅広い工事業が含まれます。

建設業のリスクには、工事に使用する設備や資材等の財産に関するリスク、工事中の発注者や第三者へ対する賠償責任のリスク、従業員のケガのリスクなど実に様々なリスクが存在します。

また、各工事により行われる作業・リスクが異なるため、賠償責任保険など工事の種類で保険料が変わる保険もあります。
従い、複数の工事業を行っている事業者の場合、保険を設計する際には、行っている工事業の種類と規模(売上高)を正確に申告していただく必要があります。

建設業に含まれる仕事・業種

  • 建築工事
  • 家電品の据付工事
  • 内外装工事(リフォーム工事)
  • ビル付帯設備工事
  • 管・給排水工事
  • 通信用設備据付工事
  • 一般機械の据付工事
  • 電気・拝殿設備工事
  • 道路舗装工事
  • 上下水道、外構、基礎工事
  • はつり・解体工事
  • 造園、さく井工事
  • 土地造成・地盤改良
  • ダム建設、埋め立て・護岸工事等