賃貸用物件に降りかかるリスクと火災保険の補償

  • 不動産業・物品賃貸業
  • 不動産業・物品賃貸業における保険

所有物件には様々なリスクが降りかかりますが、その多くのリスクを火災保険で補償できます。

火災保険で補償の対象となるリスク

火災リスク
  • 火災事故等(近隣からの延焼や放火を含む)
  • ガス爆発等の破裂、爆発
  • 落雷による損害
風災リスク
  • 風災事故等(突風、台風、竜巻等による損害)
  • 雹による損害雪による損害
水災リスク
  • 水災事故等(大雨による洪水、土砂崩れ等)
日常災害リスク
  • 盗難による損害(塀やドア、窓ガラスを損壊されたなど)
  • 給水管の水漏れ、水濡れの損害
  • 外部からの物体の衝突、落下等による損害(自動車に塀や外壁をぶつけられたなど)
  • 騒擾、労働争議等による破壊
破損・汚損リスク
  • 上記、【火災リスク】、【風災リスク】、【水災リスク】、【日常災害リスク】以外の日常における、建物の損壊や汚損等
地震リスク
  • 地震、噴火、津波を原因とする建物の損壊、焼失、流失などの事故
    (住宅用の火災保険の特約として地震保険をセットできます。事務所や店舗等の一般物件は地震保険にご加入いただけませんので、ご注意ください)

 

以上のリスクは、該当の補償がセットされた火災保険に加入することで、補償することができます。
しかし、火災保険も万能ではないありません。損害保険全般でいえることですが『偶然かつ突発的な外来の事故』が保険適用の要件となります。したがい、物件に降りかかるリスクの中には火災保険では補償されない事故もあります。以下に、火災保険では補償されないリスクの一部を紹介いたします。

火災保険で補償の対象とならないリスク

瑕疵(欠陥住宅)リスク
  • 元々の建物の瑕疵または瑕疵による損壊等(瑕疵担保責任保険による補償)
虫食いリスク
  • シロアリなどの虫食いによる建物の腐食、損壊等
老朽化リスク
  • 建物の老朽化による腐食、損壊等

 

特に建物の老朽化に関する問合せは非常に多いのですが、損害保険の三要件を一つも満たしません。

『偶然』:建物が古くなると損壊するのは必然
『突発的』:建物は年とともに徐々に老朽化していく
『外来』:外的要因ではない

老朽化対策は、建物の修繕を行うほかないので、適切な修繕契約を立て、実行することが重要です。

火災保険を検討の際は、ハザードマップ等を参考に、該当の物件に降りかかる可能性が高いリスクはどういったものなのかを把握し、そのリスクに適した保険設計を行うことをお勧めします。
尚、ハザードマップの作成も弊社にて承っていますので、ご相談ください。

お問い合わせ

contact